« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

中国旅行記③(無錫編)

上海からバスで無錫へ移動し、元頭渚公園へ。

Cimg0487

中国で4番目に大きい淡水湖【太湖】で遊覧船に乗船しましたship

Cimg0499

Cimg0509

公園内にある、尾形大作氏の大ヒット曲「無錫旅情」の歌詞が書かれた石碑をパシャリshinecamera

Cimg0528

Cimg0526

その後、真珠専門店見学し食事をしチェックイン。

夜は無錫で一番高い建物「摩天360」へタクシーで向かうcar

Cimg0557

Cimg0542

そのタワーの近くには崇安寺ショッピングモールがあり、2階にある【王興記】で小籠包を頂きましたヽ(゚∀゚)ノ

Cimg0544

肉汁もなかなかジューシーで美味しかったです(・∀・)

Cimg0548

初めての中国・・・

電動スクータ&電動自転車&タクシーの運転マナーには驚かされましたが、思っていた以上に安全・快適に観光をすることが出来ました。

ガイドさんにも感謝ですhappy02

今度は首都・北京に行ってみたいと思いました(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

中国旅行記②(上海編)

蘇州を後にし、高速道路で上海へ向かいました。

上海市内の高速道路は渋滞していましたが、ようやく念願の外灘へ到着sign03

Cimg0348

今回のツアーの一番の楽しみは、上海テレビ塔(オリエンタルパールタワー)をこの目で見ることだったのでヨカッタですhappy02

Cimg0347

・・・が、若干スモッグがかかっていて、クッキリと望めなかったのが少々残念でしたが・・・sweat01

このあと土産屋を巡り、食事終了後にホテルへチェックイン。


その後、夜にテレビ塔の横にそびえ立つ、【上海环球金融中心(SWFC)】の展望台へタクシーで向かいましたcar

Cimg0400

Cimg0368

これもまた100階から見下ろす外灘とテレビ塔は絶景で感動しました( ;∀;)

Cimg0406


翌朝は、豫園商城と名園【豫園】からスタート。

Cimg0469

Cimg0436

豫園商城は各国からの観光客でごった返していました。

Cimg0464

Cimg0467




その後、新天地へ移動し散策。おしゃれなショップやカフェが立ち並んでいました。

Cimg0479

bus中国旅行記③(無錫編)へ続くbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

中国旅行記①(蘇州編)

パックツアーで、中国へ行ってきました!

深圳航空の関空~無錫 直行便を利用しましたairplane

Cimg0121

無錫空港に到着後、蘇州へバスで移動し、平江歴史街区を散策しました。

Cimg0143

街中、無音の電気スクーターと電動自転車が引っ切り無しに走っていましたbicycle

Cimg0145

奇抜なデザイン・・・

エンジン式のモノと違い、電気バッテリー式は無音なので気づかずにボーッとして歩道を歩いていると、後ろからビービーとクラクションを鳴らされて何度か轢かれそうになりましたsweat01

その後食事をしてホテルへチェックイン後、週末の夜に花火や噴水のショーが行われるという金鶏湖の【湖滨公园】にタクシーで移動。

Cimg0155

タクシー運転手のオッチャンはなかなかの飛ばし屋で、クラクションをブーブー鳴らしながらサミー・ナセリばり(TAXI)の車線変更と、パッシング連発flairflairの追い越しで公園まで急行してくれました・・・coldsweats01

しかしながらこの日は待てど暮らせど花火が上がらない・・・mist

中国は明日から3連休ということだったので、明日に持ち越ししたのだろうか・・・残念crying

ホテルに帰る前にコンビニで、日本でおなじみ「三得利(サントリー)烏龍茶」を2本購入。

Cimg0165

うち1本をゴクゴクッと飲んだら何かヘンな味・・・

よ~くラベルを見ると「低糖」の文字が・・・

中国では烏龍茶に砂糖を入れるんやね・・・知らなかったsweat02

翌日は寒山寺から見学スタート。

Cimg0171

Cimg0183

Cimg0186

ナゼか五重塔が・・・

Cimg0193




次に世界遺産の古典庭園【留園】へ。

Cimg0260

Cimg0276

Cimg0285




車中から虎丘斜塔を観て、「東洋のベニス」と呼ばれる蘇州の運河を望みました。

Cimg0311

Cimg0251

Cimg0253

bus中国旅行記②(上海編)に続くbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »